何をどうすればよいのやら…008.gif

しかも、書いてたら消えました。。
ハイ。気をとり直して。


やる気はあるのだけれど、どこからどう進めていったら見当がつかず…
こうなったら研修だ!と、PPF神戸さんにお邪魔してきました!

PPF神戸さんは、運営もしっかりしていて、私がこれから運営していくにあたり群馬支部のモデルとするにはあまりにも立派で私が挙手してしまったことすら恐縮な感じなのですが、学ぶ所は多いはず、と限られた時間の中で、最大限吸収できるようにP*P PPF担当の村田さんが配慮してくださり、PPF神戸さんと連絡をとってくださいました。

当日も、約束の時間1時間前に村田さんがお電話くださり、全く知らない異国(言い過ぎ)の地で「迷ったら電話してください!」の声に、どれだけ救われたことか…007.gif

神戸の駅についてみると、思いのほか迷わず導かれるかのように到着。「メリケン画廊」
c0207653_9192222.jpg

建物からしてステキ。
そしてすてきなこの響き「メリケン」

感動しつつ、ビルの中へ。
c0207653_9201028.jpg


ここは、ギャラリーや暗室、オフィスにトイレ(当たり前ですが)となんでも揃っていて、写真好きにはよだれがでそうな環境。シンプルで目に入るひとつひとつがおしゃれです。
c0207653_9264461.jpg

写真教室やワークショップも頻繁に行われていて、羨ましいやら。「アタシ、どうしよう…」やら。。。

しばらくして、PPF神戸支部長の木下さんと1時間くらいですか。お話をさせていただきました。

なんとなく…なんとなくですが、やるべきこと、私はなぜ、PPFを立ち上げたいと思ったのか。
いろんなことが整理できて、PPF神戸さんを後にする時には、やりたいことやしなくちゃいけないことに背中を押され、はやく群馬に帰って行動したい!と、かなりモチベーションをあげていただきました071.gif

P*Pと出逢って、更にPPS、PPFと身近になるに連れ、本当に素敵な方々に出会う機会が増えました。
P*Pを通して知り合える方々は、本当に素敵な方ばかりです。
PPF桐生に参加された会員さんにも、そう感じていただけるような。
そんなファンクラブになることを願います。


PPF神戸 木下さん。
村田さん。
ありがとうございました。

c0207653_9315522.jpg


055.gifmichi  撮影:W61CA(au携帯)
[PR]

隠れるyamada→c0207653_8335748.jpg

今年の始めに、PPSに通い始め、P*Pの更なる魅力に虜になったワタクシ。



とうとう、あまり深く考えず、「楽しいことがしたい!」
「夢だった出版関係の分野ともっと絡んで何かを残していきたい!」
「地元での写真仲間を増やしたい!」
「仕事とスクールだけでなく、もっと感性を磨きたい!」

そんな、華々しい未来に想いを馳せ、挙手しました。
PPF。

…が。が。
いざ決定すると、何をどうしたらよいのやら…。



今日、編集室にお邪魔して、正式に「PPF群馬支部」立ち上げの
許可をいただきました。

☟yamadaとmichiで面接! 撮影:Masato Tarauchi
c0207653_8331192.jpg
ずっとお会いしてみたいと思っていた、テラウチマサト先生。
P*P編集室PPF担当で、いつも相談にのって下さり、優しくアドバイスしてくださる村田さんと初!対面!
テラウチマサト先生は、3月のPIEでトークショーをされていたのを遠目に拝見いたしましたが、ステージではとても大きく堂々と見えたのですが、実際間近でお話しさせていただくと、華奢で(男性には失礼かもしれませんが040.gif
繊細な印象で、しかし、決して気難しかったりそういった印象は全くなく、むしろ、すべてを包むかのような懐の深さを感じました。




楽しむことは第一ですが、片手間やお遊びではなく、きちんとやっていこう。

そう思った瞬間でした。


☟帰りにテラウチ先生にお聞きしたワタリウムにて遅めの昼食。4時過ぎだったけど023.gif
c0207653_8364181.jpg














愛用のPEN。
055.gifmichi 撮影:GRⅡ
c0207653_8354727.jpg

テラウチマサト氏とPPF担当の村田さん058.gif058.gif
GRⅡ撮影 ポラロイド風加工 撮影:Maruya
[PR]