タケさんにてモノクロワークショップ開催。

PPFとして何をやろうか…

撮影会なども考えたのですが、みんなの日程がなかなかあわなかったり…
場所の候補がしぼりきれなかったり…
日々過ぎていく時に、思い出しました。

「タケ・カメラさんで少人数のワークショップやってるよ」

コレだ!と思った訳ですよ。

PPF神戸さんにご相談させていただいたときも、何を今すべきか、何が足りなくて
私は何を必要としているのか…
その中で、どうしても不可欠なのが、写真屋さんのチカラ。
地元には大きなカメラやDPEショップが無いと言って等しい。
(これは私にとっては、幸いな現実なのですが…)
では、個人で経営されているショップのメリットはなんでしょう。
こういった、ちょっと面倒と思われてしまいそうな少人数のサークル活動の運営や問題・要望を
親身になって柔軟に聞き入れてくれるところ。
兄のような父のような頼れる存在なのです!
大きなお店では店長で店の方針が変わってしまったり、
店員によって、サービスが違ったり…
しかし、個人で経営されているショップはオーナーさんが
持ち込まれた写真に愛情もって接してくれていたり。
お店に伺うたびに違う店員さんが対応ということもない。
そんな頼れるお店のオーナーさんと
写真を学びたいという私たちの想いと
うまく絡めていい作品を作っていけないかしら…

ということで、
早速、写真などを通して交流のあるY氏にお願いをし、タケさんのところにご相談に伺った所、
やはり快諾(?)していただきました!
これは心強い。
タケさんには、F5時代から現像をお願いしていまして、初対面ではなかったのですが
すっかりデジタルになってしまった私は、お店に行く機会もだんだん減ってしまい、
このワークショップでまたお近づきになれることがとても嬉しいです。

お話に伺った時、昔の錦桜橋付近で川遊びをしている子ども達の
手焼きの写真を見せていただきました。
フィルムっていいなぁ。
必ずそこにある。
データとは、なんでしょうね。
現代の人間関係みたいですね。
そんなことをぼんやり(お話中に失礼な!)思っていました。

さ!ご協力いただけるショップも見つかったし!
後は会員の皆さんへ会の説明デス!

055.gifmichi
[PR]